2013/6/18


RTL-F/cota4RT用SPクラッチアウターCOMP

¥16,800

RTL250.260F COTA4RT用

純正のクラッチアウターは、アルミのバケット部分と裏側の鉄製ギアーを圧入していますが、アルミ部分とギアーとが早くて1年ぐらい使用すると抜けてきます。

抜けてくると(写真1)の様にアルミバケット部分にプレッシャープレートが当たり擦れているのが分りますが通常は、アルミの面より少しギアーが表面より出ています(写真3)。裏側の(写真2)では、鉄のギアーが抜けてきているのでギアーの下側が2mmほど出ています。通常は、ギアーは、面位置です(写真4)。

上記の様なトラブルは

クラッチが押し切れずに切れが悪い → その為クラッチの消耗が早い → クラッチの遊び変化が多い → 切れる位置の変化などでいつもと違う

などの症状となって現れてきます。

この様なトラブルになりにくい加工を施し作成しました。良いフィーリングで長く使用できる様に考えたSPクラッチアウターCOMPです。


写真1(不具合)


写真2(不具合)


写真3(正規)


写真4(正規)

 

 

 戻る